小説詳細/あらすじ/目次

第二次スーパーロボッコ大戦 予告

筆者 : ダークボーイ / 種別 : 掌編 (ページ容量 : 3.4KB)
投稿日 : 2015/07/20(月) 21:16 / 更新日 : 2016/05/27(金) 22:49
  • あらすじ

  • 本編目次


    • 「類似世界敵性体、サンプル回収完了」
      「次の段階に移行、異なる世界にサンプル放出」
      「類似世界での反応を確認」

       謎の敵、JAMに対抗するための体制を整えるべく、動き出した乙女達。
       だが、事態は誰もの予想を遥かに超え、急激的に数多の世界に拡大していく。


      「反応多数! 深海棲艦ではありません! まっすぐこの鎮守府に向かってきます!」
      「出撃可能全艦娘出撃! 迎撃態勢!」


      「何あれ!?」
      「アローンと、何かたくさん!」
      「戦闘機!? でもアローンと防衛軍、両方と戦ってる!」
      「違う、あんな戦闘機は存在しない」


      「そういう事か! こいつら、どこかにあるあの赤い玉を破壊しないと倒せないのか!」
      「しかもノイズに比べると結構硬い」
      「表面壊して、中にあるコアっぽい物を見つけて壊さないとだめデス!」
      「面倒くせえ! ガワはアタシが壊す! お前らは玉を…」


      「未確認存在、まっすぐこのガルデローベに向かってきます! スレイブではありません!」
      「今度はどこが攻めてきた! 五柱の二、学園長たる我、ナツキ・クルーガー、御真祖様に願う。エマージェンシー、全ての僕に、ローブの展開を認められたし」


       JAMの手により、異なる世界に解き放たれる数多の敵。
       だが、それに立ち向かう者達がいた。


      「全艦娘、出撃確認! 陣形を組みます!」
      「行くぞ、暁の水平線に勝利を刻め!」

       戦船の魂をその身に宿す者達。


      「あおいちゃん!」
      「うん、あかねちゃん!」
      「オペレーション!」「ビビットブルー!」

       友との絆を信じる者達。


      「みんな、遅れてゴメン!」
      「アタシと響でガワは砕く!」
      「二人はコアっぽい物探して!」

       戦場に歌う者達。


      「マシロちゃん!」
      「分かっておる! 汝の力を開放する」
      「マテリアライズ!」

       宝玉に忠義を誓う者達。


       己達の世界を守るため、未知の敵と戦う乙女達。
       だがそれが、これから始まる幾多の世界に跨る大戦の、予兆とあるなど知る由も無かった………


      第二次スーパーロボッコ大戦 邂逅編 COMING SOON…………

    • 第二次スーパーロボッコ大戦・学園編予告 (2016/05/27(金) 22:49)